メタ認知って?

メタ認知とは、「自分が認知している物事を、もう一人の自分が客観的に認知し、制御している状態」。この考えの源となるのは、ソクラテスの「無知の知」、そしてこれを「メタ認知」定義づけしたのがジョンHフラベルです。 無知の知では「自分が何も知らないということを自覚している」という知恵を指しておりますが、これこそまさに「自分が何を認識しているかを認識している」状態=メタ認知だといえます。 私もついやってしまうのが、「自分の考えが正しく、なんでも知っている」という状況。...

セルフカウンセリング

なんか理由もないのに調子が悪い、元気がでない、やる気がおきない、最近多くの質問をいただきます。 12月3日から11日は日の入りが一年で最も早い、16時16分です。 心も体も静かにし、12日の切り替え日(この日から日の入りはのびて行きます)に備えておきましょう。 やってみると良いセルフカウンセリングは 今の気持ちを紙に書き出してください。 そして書いた場所の反対側に座り、書いた内容にコメントして(声に出し)あげてください。 コメントする際は、腕や手首などをトントンとタッピングしながら行うと...

完璧主義をやめてみる

完璧主義にはこのような特徴があります。 頑固、承認欲求、自意識過剰、こだわり、失敗敗北、完璧、理想、要求、責任感、等 これらについてどれくらい強い反応があるかチェックしてみてください。 評価の為に生きるのではなく、認めてもらえる為に生きるのではなく、...

月曜日の朝のメンタルケア

月曜の朝は、気分が高まる曲を聴き、スタートをきるのはいかがでしょうか。 気分が高揚する音楽(好きな音楽)は、メンタルを切り替えてくれます。これは、ストレス反応防止に役立ち、さらには想像性や楽観性のレベルも高めてくれます。そして5分で構いませんので太陽を浴びる。曇りの日でも外に出たり、ベランダでもいいので 5分だけ外に出てみてください。 最後は一週間のスケジュールをスマホに打ち込み仕上がりです。 本日の朝は7時にコンビニまで歩きコーヒーを買ってきました。気温、天候が同じだった昨年のどこかの日の記憶が...

こんな時は受け止めないで

傾聴は家庭でもできる事です。でもこんな時は絶対に傾聴しないで下さい。 それはどういう時かというと、「問題行動を起こしている時、問題行動をしてる時」 この場合、傾聴してしまうと余計に問題行動を助長させてしまいます。 その場合の対処は 1感情の社会化をさせる 2不適切な行動に対し適切な指示を出す これが重要です。間違いや不適切さにはきちんとした指導をします。...

家庭でも出来る傾聴2

聴くだけで援助になることがあります。聴くということは相手の心を、表情、ジェスチャー、声のトーン、着ているものなど様々な非言語的な心も含めて(目で、心で、耳で)、聴くということです。援助と言うと、捧げることにつながりやすいのですが、そうではなく、受け止める、耳で聴くことであり、受け取ることによって相手が楽になるのです。私たち人間は話すことによって(外在化)によって感情を浄化(気持ちをすっきりさせること)し、心を整理することができます。...